仕事熱心

xkcd #705 “Devotion to duty”(http://xkcd.com/705/)を日本語訳に差し替え


テキスト

犯:おまえに言われたとおり人質を確保してビルを封鎖し、通信回線を切断したぞ
電:よくやった
犯:でもあの男は通気ダクトを上って割れたガラス片の上を通り抜けていった。
犯:奴を止めに行った仲間も皆やられちまった
電:その男は人質たちを解放したのか?
犯:いや、奴は人質を無視して、俺たちが切断した回線をつなぎ直してるよ。
犯:「uptime」がどうのつぶやいてたがなぁ
電:くそっ、俺たちはシステム管理者とやり合ってたのか!

広告

からかい

xkcd #707 “Joshing”(http://xkcd.com/707/)を日本語訳に差し替え

訳者注:”I could tell you but I’d have to kill you“(言ってもいいが、おまえを殺さねばならない)という言い回しがあるそうで、「言いたくない」という意思を遠回しにした表現ってことかな?


テキスト

左:で、新しいプロジェクトはうまくいってるのかい?
右:それを言ってもいいが、言えば君を殺さなきゃならなくなる
二:ははっははは
右:いや本当に殺すぞ

コラッツの予想

xkcd #710 “Collatz Conjecture”(http://xkcd.com/710/)を日本語訳に差し替え

訳者注:コラッツの予想は上記前半の解説文そのままで、一日中遊んでられそうだね。


テキスト

コラッツの予想とは、適当な数字を選び、その数字が
2で割り切れる場合は2で割り、割り切れない場合は
3倍して1を足す。
これを充分なだけ繰り返すと、あなたの友達はいずれ
あなたを遊びに誘ってくれなくなることを指します。

地震計

xkcd #711 “Seismograph”(http://xkcd.com/711/)を日本語訳に差し替え


訳者注:地震が来たら「嘘」をついたことになるので嘘発見器が反応し、さらに地震の揺れで反応が増幅されるスグレモノ


テキスト

左:地震が来るのか?
右:いやっ!
いざとなれば、嘘発見器は地震計の2倍反応するのだ

タイムマシン

xkcd #716 “Time Machine”(http://xkcd.com/716/)を日本語訳に差し替え


訳者注:映画「Back to the future」のドクもそうだったように、タイムマシンの発明者はその発明自体が誤りであったことに後悔するものなのだ。従って発明前の過去に戻って自分自身を消し去ることでタイムマシンは闇から闇へと葬られているというわけだ。


テキスト

未:やぁ、ロブ
現:うわっ、僕がもう一人いる!
未:君はタイムマシンを実現する方法を見つけたんだってな
現:僕が?
ミ:ねぇロブどうかしたの?
未:何でもないさ
およそ一月に一度はこんな事が起こっているのだ

フレイクの方程式

xkcd #718 “The Flake Equation”(http://xkcd.com/718/)を日本語訳に差し替え

訳者注:宇宙人が存在する確率を推定するドレイクの方程式というのが元ネタ。ドレイクの方は惑星の数とか知的文明の発生確率などから算出するのに対し、フレイクの方は社会学的に算出するのだ。


テキスト

フレイクの方程式
世界の人口
おかしな人か、特殊能力を欲しがる人が宇宙人に遭遇したことを想像する確率
宇宙人の目撃体験を物理的あるいは精神的に勘違いしている人の確率
その体験を誰かに伝える確率
その体験を誰かに伝える平均人数
その体験を聞いた人が別の友達に伝える人数
その体験談のおかしな点を訂正もしくは伝え忘れる確率
ブログや掲示板などのより多くの聞き手に伝える意義や動機を持つ人の確率

レシピ

xkcd #720 “Recipes”(http://xkcd.com/720/)を日本語訳に差し替え


テキスト

女:やっとベルモットで乾杯することができるようになったわ
左:まぁ少なくとも前回作ったウズラの卵のうまみ調味料入りホイップクリーム漬けよりはマシだね
中:このスキットル揚げすぎじゃない?
右:諸君、もうしばらくの辛抱だ。あと数百回夕食を作れば遺伝的アルゴリズムにより実在する料理のレシピに到達し、そこから洗練されていくはずだ
週替わりで交代制のディナーパーティーを続けてみた末、僕らはコンピュータ科学の履修を諦めることにした